木箱・桐箱の総合メーカー 株式会社 ウッドノート【Woodnote】

 

 

 

 
木箱説明・本体の形式

 

1.イモ組

一般的な組み方。木口が見える。ツマのみ接着。インロウフタ不可。

2.留組

接着面を斜めにカットしたものガワ・ツマ接着接着面が多いため、いも組より強度がある。サイズが小さいと製造できない。

3.あぜくら1

指を組んだような形の組み方で強度がある。 枡のような形状。ツノ有り。落としフタ、インロウフタ、スライドフタ不可。可能サイズに制限あり。

4.あぜくら2

指を組んだような形の組み方で強度がある。枡のような形状。ツノ無し。落としフタ、インロウフタ、スライドフタ不可。可能サイズに制限あり。

5.半カギ

いも組のガワをかぎこんだもの。強度に優れる。インロウフタも可能となる。

6.釘打ち

糊を使用せず、釘を打ち組み立てたもの。仕上げ不可。安価に製造可能。タ無し、乗せフタに適する。