木箱・桐箱の総合メーカー 株式会社 ウッドノート【Woodnote】

 

 

 

 
木箱説明・底の形式

 

1.ベタ底

底に本体を糊付けする。接着すると糊のはみ出し、ずれが出るので、仕上げをする必要がある。

2.はめこみ底

底上げをしたもの内容物が豪華に見える。底の立ち上がり分、箱が大きくなる。

3.足くり底

はめ込み底に飾りの切り込みを入れたもの。おせち箱参照。

4.紐通し仕様

底に平紐用の穴加工をしたもの。陶器の箱によく使われる。十文字、一文字がある。